愛知県名古屋市の太陽光発電用フェンス・防草シートなら株式会社HETICAの「防草シート」のページ

太陽光発電用
防草シートについて

Sheet

ホーム太陽光発電用防草
シートについて

太陽光発電用防草シートの必要性Necessity

草むしりや草刈りを行なったばかりにも関わらず、あっという間に太陽光発電モジュールよりも背が高くなってしまった雑草にお困りの方も多いのではないでしょうか。草むしりや草刈りを億劫に感じて放置してしまいがちな雑草ですが、その雑草が原因となって、発電量が減少してしまったり、かえって太陽光発電モジュールの修理費用が発生してしまう可能性があります。 生い茂る雑草が、太陽光発電モジュールに影を落とすと、太陽光発電モジュールが「ホットスポット」と呼ばれる現象を引き起こします。「ホットスポット」が発生すると、太陽光が当たらない部分の発電が行えないだけではなく、通常は約70℃のパネルが、電気抵抗により200℃にまで発熱する場合があります。そのような状態のまま放置してしまうと、発電の度に繰り返される発熱によって太陽光発電モジュールが破損してしまい、最悪の場合は、火災を引き起こす原因となる恐れがあります。
そのため、太陽光発電モジュールを設置している敷地に防草シートを敷き、太陽光発電の妨げとなってしまう雑草の成長を抑制することが大切です。防草シートは、雑草が育つための要素である日光を遮断することで雑草の光合成を抑えるため、すでに生えている雑草も徐々に枯れていき、新たな雑草も生えてこなくなるという嬉しいメリットがあります。

雑草対策の方法Method

  • 草むしり・草刈りを行う

    草むしりや草刈りは、手軽に実践できる方法ですが、特に雑草の成長スピードが早い夏場は、2週間に一度ほどの頻度で行わないとすぐに生い茂ってしまうため、多くの時間と労力を要します。業者に依頼する場合は、年間を通して高額な費用が発生するだけではなく、草刈り機を使用する際に発生する飛石が太陽光発電モジュールを破損させる恐れがあるため、注意が必要です。

  • 除草剤を撒布する

    除草剤は、ホームセンターなどで手軽に手に入れることができますが、定期的に散布する必要があるため、その分、継続的に費用が発生してしまいます。また、除草剤は、土壌・人体・設備などへ悪影響を及ぼす可能性が高く、近隣住民への配慮が必要です。

  • 砂利を敷く

    初期費用が安く抑えられるため、雑草対策として多く用いられる方法ですが、ただ砂利を敷いただけでは、隙間から雑草が生えてきてしまうだけでなく、抜きづらくなるため、かえってお手入れが大変になってしまいます。また、砂利は、経年によって地中に埋もれやすく、土が表面に少しでも出てくると、そこからも雑草が生えやすくなります。

  • 地表を地被植物で覆う

    ダイカンドラやシバザクラなどの地被植物を意図的に繁殖させ、雑草を成長させない方法は、見た目に美しく、地球温暖化防止にも役立ちますが、土地全面を覆うまでに長い時間を要するだけでなく、気温や天候によって枯れてしまう可能性があります。また、定期的なメンテナンスを行わないと雑草が生えてきてしまったり、水やりの際の水道代が発生します。

  • 防草シートを敷く

    防草シートは、他の方法よりも多く初期費用がかかりますが、後のメンテナンス(雑草処理)の手間や費用を大幅に削減することができるため、長期的に考えると非常にコストパフォーマンスの高い雑草対策です。遮光率の高い防草シートを敷く事により、雑草は光合成を行うことができずに徐々に枯れていき、新たな雑草の育成も抑制することができます。また、防草シートは、処分時に環境に悪影響を及ぼさないよう原材料や製造方法が考慮されており、除草剤や成長阻害剤などの薬剤が一切含まれていないため、お子様やペットにも安全安心です。

取扱商品Product

防草シート クロスタイプ

人気のクロスタイプです。その他の種類のご希望などございましたら、お気軽にお問合せくださいませ。

   
規格 仕様 最小ロット数 価格(税抜) イメージ写真
90g
  • 材質:PP( UV剤含む)
  • 幅:90g/㎡
  • 長さ:2*50m/ロール
1lot/2m*50mより 105円/㎡ イメージ

シート止めピン

シート止めピンには、橋や船舶、車両などに多く使用されている熱間圧延鋼材の「SS400」という素材を使用しているため、耐久性に優れています。また、防草シートを設置する土地の状況によってお選びいただけるよう、人気の二種類をご用意いたしました。

長さ メッキ処理 最小ロット数 価格(税抜)
6×280 mm クロメート 200本/箱 40円/本
8×350 mm クロメート 200本/箱 90円/本